しみそばかすの予防

しみそばかすの予防

しみ,そばかす,予防

 

しみやソバカス、サプリメントや飲み薬でのケアをあれこれ万全に行っていても、新たにシミやそばかすを作ってしまっては困りますよね。

 

しみもそばかすも 紫外線をお肌に直接浴びることで 増えたり濃くなったりします。

 

一番の予防策としては 紫外線対策です。

 

万全にできていますか?ぜひ見直しましょう。

 

 

日焼け止めの活用

 

しみ,そばかす,予防

 

日焼け止めは お肌に紫外線が直接さらされるのを防いでくれます。

 

外出時にしっかり塗っているという方でも しみやそばかすが増えてしまうということもあります。

 

これは、塗る際に塗り残しや塗りムラを作ってしまっている可能性があります。

 

また、日焼け止めは 数時間置きに塗り直さないと 効果が持続しません。

 

ですので 朝塗って夕方までそのまま・・・という方は しみやそばかすを増やしてしまうことになるのです。

 

とは言ってもオフィスで日焼け止めを塗り直すのは難しいものがありますよね。

 

その場合はファンデーションをUVカット機能のあるものにしてメイクすることをおすすめします。

 

メイク直しの都度 UV効果が持続することになります。

 

 

UVグッズの活用

 

しみ,そばかす,予防

 

日傘や手袋などのUV衣類や帽子などを活用することで、さらにお肌をガードすることができます。

 

オフの日にすっぴんで過ごしている時に うっかり紫外線にお肌をさらしてしまう方も多いのですが、日傘やサンバイザーなどがあれば ちょっとそこまで、という距離などでお肌をガードできます。

 

 

日焼け止めとUVグッズ、この両方は常備して活用することをおすすめします。

 

注意点は こういった予防グッズは使用期限があるという点です。

 

日焼け止めは開封後1年以内に使い切るのがベター、とされています。

 

酸化による劣化を考慮すると ワンシーズンで使い切るくらいで買い替えるようにしましょう。

 

 

また、長持ちしそうな日傘も、布地のUVカット機能などの寿命が2年程度とされています。

 

長くても3年程度で買い替えることをおすすめします。

 

 

室内で過ごすことが多い方も油断なりません。

 

というのも紫外線は室内にもガラス戸を通して入り込んでくるため。

 

カーテンを活用する、オフの日も 日焼け止め効果のある乳液をつけておくなど対策をするようにしましょう。

 

いかがでしょうか?

 

しっかり紫外線対策をして、シミやそばかすが新たに増えるのを予防しましょう。