しみそばかすの違い

しみそばかすの違い

 

しみ,そばかす,違い

 

しみとそばかす、似ているようで違いがあります。

 

しみとそばかすは 紫外線の影響で増えたり濃くなってしまうという共通点があります。

 

 

シミができる主な原因は 紫外線やニキビの跡など 後天的な要素がほとんどですが、ソバカスは遺伝的なものでできるという違いがあります。

 

 

そのため、シミが20代以降になって出やすくなるのと違い、そばかすは子どもの頃からできる方が多いのです。

 

また、形状にも違いがあり、シミは大きさが大きめで 濃いものもできやすいのですが、そばかすは小さく細かいものが沢山できるという違いもあります。

 

 

しみとそばかす、ケア方法に違いは?

 

しみ,そばかす,違い

 

こういった違いのあるシミやそばかすですが、ケアの方法はどうでしょうか?

 

サプリや飲み薬を使ったお肌の内側からのケアは しみとそばかす、その両方で使えます。

 

というのも お肌の内側から美白成分を補給し、お肌のターンオーバーを高めることで メラニン色素をお肌の外に排出してゆくことができるためです。

 

また、美白美容液などの化粧品を使ったケアも 同様にほぼ共通したケアが可能。

 

ですので、しみとそばかす、どちらも自宅でのセルフケアができるのです。

 

 

逆に大きな違いがある場合はというと、美容外科などでの治療方法。

 

シミに効果的と言われるレーザー治療ですが、そばかすは細かく広い範囲に出るため、レーザーではなく他の機材を使った治療が行われることもあります。

 

 

そばかすは 遺伝的な要素が強くなっていますが、20代以降になってそばかすが急にできはじめる、という方もいます。

 

この場合はそばかすというよりも 細かいシミが沢山できた、という方が大半のようです。

 

色白の方にこのようなシミができやすく、出産などがきっかけで子どもさんと屋外に出ることが多くなった方に多くみられます。

 

このような細かいシミも サプリや飲み薬、化粧品でのセルフケアがおすすめです。

 

そばかすや、広範囲にできるシミはメイクなどでカバーしているうちに 厚化粧になりやすく、それがまた悩みを深くしてしまうことも。

 

しっかりとしたケアを行ってゆきましょう。